www.beckinfieldmagazine.com

ありふれた初めての方向けのFX投資の情報では、「損をした時にはナンピン買いによってポジションの平均をコストをコントロールする」と助言されているが、現実にはナンピンには相当大きな引っ掛けが隠れています。はじめに、ナンピンの原理に関して述べます。例として1ドル100円でドルを買ったとする。$(ドル)買いということで、ドル高に動くほど黒字が出るわけだが、運悪く1ドルが95円までドル安が進んでしまった。その状態で持ち続けたとしたら損失が回復するまでには、5円分円安に向わなければなりません。誰でも、赤字は早く取り戻したい願うだろう。ここで最初にエントリーしたのと同じだけのドルを1ドル95円で売買します。それによって、ポジションの買い付け単価は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。結果として、2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば、損失を回復できます。こういったことがナンピンの方法です。このように、ナンピンの手法を目にすると、「確かに」と考えたりするが、市場はそう簡単に思った通りにはなりません。もとより、1ドル=95円が下値だということなど誰もわからないのである。仮定として、相場がかなりのドル安基調だとしたら1ドル=95円では下げ止まらずにドル安に進む確率がある。一例として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に、1ドル95円までドル安になったとしたらナンピン買いした分についても為替差損が生まれます。この状況では、一番初めに注文したドルと一緒に、2倍の損が生まれます。それほど、ナンピン買いは難解です。ならば、為替があなたの筋書きとは反対にどんどん進んだ場合、どんな術でリスクを避ければいいのでしょうか。こういう時には取るべき術は2つ。まずはじめはあきらめて、損切りをする事です。もうひとつの選択肢としてはその時点で、自分が所持しているポジションを縮小することで、改めて市場が元のようになるのを動かないで待つ事です。少し受動的な術だと考える方もいると思います。しかし、自分の持っている買いポジションにマイナスが生じた場合、危険の少ない手段はこの他には考えられない。言うまでも無く、理論上はナンピンを入れるという考え方もありえます。しかしナンピン買いは自分か損失を出している場面で買いポジションを縮小するどころか、遂にポジションを積み重ねていく方法です。この方法では、危険性を管理することなど、どうやってもできない察するべきです。ナンピン買いをしていけば最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。でも、その前にお金は足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.beckinfieldmagazine.com All Rights Reserved.